最終更新日 2015年10月27日

トップページコンコース行政書士事務所の概要>コンコース行政書士事務所へ許認可業務を依頼するメリット

コンコース行政書士事務所へ許認可業務を依頼するメリット

許認可などの行政庁に提出する書類はお客様自身が作成し、提出することが可能です。 最近では申請の手引きなどが作成され、書類の書き方なども教えてもらえるようになりました。
当サイトでも必要な書式を準備しておりますので、ご自身で申請をすることもできます。

ただ、当事務所で業務をご依頼いただいた場合は、以下のサービスをご提供いたしますので、
お客様は、行政手続に悩まされることもなく本業に専念することが可能です。

  1. メリット① 困難な事案でも許可を取得できる場合があります
  2. メリット② 法令に基づいた適正な書面の作成を行います
  3. メリット③ 住民票などの必要な書類をお客様自身で集める必要がありません
  4. メリット④ 行政の窓口に直接行く必要がありません
  5. メリット⑤ 法令にない行政指導を受けても、動揺する心配がありません
  6. メリット⑥ 必要な変更届を出し忘れる心配がありません
  7. メリット⑦ 更新時期を忘れる心配がありません
  8. メリット⑧ 法人格の取得も併せて手続を進めることができます 
  9. メリット⑨ 会社の議事録や契約書等のアドバイスを受けることができます
  10. メリット⑩ 専門家をお客様自身で探す必要がありません
  11. メリット⑪ 行政書士賠償責任保険に加入しておりますので、安心です
  12. 関連リンク

メリット① 当事務所で要件調査を行うことにより、困難な事案でも許可を取得できる場合があります

許認可において一番重要なことは、行政の担当者の言うとおりに書類を作って、提出することではありません。 根拠法令に定める許可要件を満たしているかということです。 根拠法令の要件を満たしていない場合、どれだけ交渉しても許認可を取得できません。

ただ要件を満たしているかどうかは、根拠法令の読み込みが必要でお客様がこれらを一から勉強されるのは大変な負担となります。

当事務所は、行政法分野やそれに基づく根拠法令の知識習得を行っておりますので、 立証が困難な事例においても、解決方法を導き出すことができます。 お客様が許認可を取得できるかどうか責任をもって判断をいたします。

ページトップへ

メリット② 法令に基づいて適切な書面を作成いたしますので、思わぬトラブルに巻き込まれることがなくなります

行政書士は行政法分野の法律や許認可書類作成の専門家ですので、法令に基づいた書面の作成を行います。 ごく当たり前のことですが、ご自身や資格のない方が作成することにより、思わぬ事態を招くことがあります。

根拠法令の理解がないばかりに、会社の違法行為を自ら告白する結果になり不利益処分を受けたり、最悪の場合許可取消になる場合もあります。 このようなケースにならないよう法令に基づいた適切な書類の作成をアドバイスいたします。

なお、当事務所では、違法な手続については一切行いません。 ご依頼内容が違法行為を求める場合は、直ちにご依頼をお断りいたしますので、予めご了承ください。

ページトップへ

メリット③ 住民票などの必要な書類をお客様自身で集める必要がありません

申請の際には、住民票・登記されていないことの証明書・法人の登記事項証明書など官公署が発行する公的書類を提出する必要があります。 日頃からお忙しい会社の代表者や役員の方がわざわざ添付書面を取得するのは、効率が悪く本業に専念することができません。

当事務所では、これらの必要書類をお客様に代わって取得いたします。
お客様にお願いするのは委任状への押印のみです。

ページトップへ

メリット④ 行政の窓口に直接行く必要がありません

当事務所のサービスは、書類の作成と提出代理をセットとしておりますので、お客様が直接窓口に行く必要はありません。

申請書を提出した場合、確認作業に30分から1時間程度を要するため、お客様ご自身が提出した場合、貴重な時間をロスすることとなります。

行政機関に行く時間及び審査にかかる時間を節約し、お客様の本業に専念することができます。

ページトップへ

メリット⑤ 法令にない行政指導を受けても、動揺する心配がありません

申請書を行政機関に提出しても、手引きに書かれていない追加を求められたり、指示を受けることがあります。本来このような指示には従う必要もないのですが、従わないことにより申請書を受けとってもらえないことがあります。

お客様がご自身で申請される場合、指導や指示に対しての対応に困ることがあると思います。
当事務所は行政手続に精通しておりますので、このような指示に対して適法に手続きを進めるノウハウがあります。

この点は、当事務所が代理申請する強みの一つでもあります。

ページトップへ

メリット⑥ 必要な変更届を出し忘れる心配がありません

許認可取得後、役員の変更や申請内容が変わったことにより、変更届を提出する必要がありますが、 提出することを忘れていたり、提出しなければならないことをすら知らないことがあります。

当事務所では、役員の方が変更されるときに変更届が必要なことであることをお伝えし、手続の漏れがないようにいたします。

ページトップへ

メリット⑦ 更新時期を忘れる心配がありません

許認可には期限があり、更新をしなければなりません。 更新手続を忘れて許可が失効すると、再度許可を取り直す必要があり、それまで事業を行うことができません。

当事務所では、事前にお客様にご連絡し責任をもって手続を行いますので、更新手続の心配をする必要がありません。

ページトップへ

メリット⑧ 法人格の取得の手続も併せて進めることができます

当事務所は登記の専門職である司法書士と業務提携を結んでおりますので、 組織の法人なりに対応することが可能です。 許認可は個人から法人へ承継できないものもあり、許認可取得後法人化すると 改めて許可を取得しなければなりません。

許認可取得の際に法人化を希望される場合は、法人化の手続も並行して行います。 また料金も割引価格にてご提供させていただきます。

ページトップへ

メリット⑨ 会社の議事録や契約書等のアドバイスを受けることができます

会社を運営していると、契約書や議事録等の書類を作成する必要があります。
権利義務に関する書類は、後々の紛争を防止するための重要なものであり、適切に作成する必要があります。

行政書士は、権利義務に関する書面のスペシャリストですので、書類の内容に関して適切なアドバイスを受けることができます。

ページトップへ

メリット⑩ 専門家をお客様自身で探す必要がありません

当事務所は、士業の先生方を中心に多くの専門家と提携を結んでおります。
お客様がお困りの場合は、専門家を無償でご紹介いたします。

ページトップへ

メリット⑪ 行政書士賠償責任保険に加入しておりますので、不測の事態が発生しても安心です

当事務所は、行政書士賠償責任保険に加入しております。
お客様にご迷惑をかけないよう万全の態勢を取っておりますが、万が一の場合にもお客様に対し損失を保証することができます。

ページトップへ

関連リンク