最終更新日 2015年08月15日

トップページコンコース行政書士事務所の概要>ご依頼・ご相談をいただいた際の手続きの流れ

ご依頼・ご相談をいただいた際の業務の流れ

当事務所にご依頼やご相談をいただいた場合の業務の流れについてご案内いたします。
ご覧になりたい項目のリンクをクリックしてください。

  1. ヒアリングシートのご記入
  2. お客様とのご面談
  3. 許可要件等の確認
  4. お見積りの提示
  5. 委任状・契約書の作成
  6. 申請手数料等の立替費用のご請求
  7. 必要書類・添付書類等の収集
  8. 申請書類の作成
  9. 申請書類の提出
  10. ご請求
  11. 許可証の受領
  12. 関連リンク

ページトップへ

1 ヒアリングシートのご記入・ご面談日の決定

お問い合わせをいただいた後に、ヒアリングシートをお送りいたします。
ヒアリングシートに必要事項をご記入の上、当事務所までファックスにてお送りください。

ファックス番号は050-3730-3952になります。

ファックスをいただいた後に面談日を決定します。
ヒアリングシートにご都合の良い日をご記入ください。
面談日に以下の書類をご用意ください。

【面談の日にご用意いただきたい書類】

  1. 決算書(直近1年分~3年分)
  2. 資格者の資格者証
  3. 以前申請を行った申請書の副本(更新等の場合)
  4. その他許可要件を調査するために必要な書類

ページトップへ

2 お客様とのご面談

面談日がきまれば、お客様の事業所をご訪問させていただきます。
当事務所では、相談料は頂いておりませんので、御納得されるまでご説明をさせて頂きます。
(遠方の事業所様の場合、交通費をご負担頂く場合がございます。詳しくはこちらをご覧下下さい。)

ページトップへ

3 お見積りの提示

ヒアリングに結果許可を取得できる可能性が高いと判断した場合、お見積りの提示させて頂きます。当事務所では、原則として値引き等の交渉には応じません。予めご了承ください。

ページトップへ

4 許可要件等の確認

お客様からのヒアリングやお預かりした資料をもとに要件等を確認いたします。

要件の確認についての費用は頂いておりませんが、要件の調査内容によっては調査の段階で報酬や必要費用をご請求する場合がございます。予めご了承ください。

なお、調査費用に関しては、予め見積書に記載させていただきます。

ページトップへ

5 業務委託契約書・委任状の作成・押印

お見積り額をご了承いただいた場合は、業務委託契約書・委任状を作成いたします。
契約書・委任状に法人印又は代表者の個人印鑑を押印ください。

また住民票などの必要書類を取得する場合は、個別に委任状を作成し、押印していただきます。

当事務所では、書類作成及び申請関連業務報酬を後払いでいただいておりますが、前払いでお支払いただいた場合は、消費税相当額(8%)を割引いたします。

ページトップへ

6 申請手数料等の立替費用のご請求

行政機関に支払う申請手数料を業務委託契約締結後、前払いでご請求させていただきます。
申請費用をいただいた後に業務を開始いたします。ご了承ください。

ページトップへ

7 必要書類・添付書類等の収集

申請に必要な必要書類・添付書類を収集いたします。
お客様のご負担を減らすため、必要な書類は当事務所で収集いたしますが、取得が不可能なものや困難なものについては、お客様にお願いすることがあります。予めご了承ください。

ページトップへ

8 申請書類の作成

要件に適合し、必要な添付書類がそろいましたら、書類の作成を行います。
書類が完成いたしましたら、お客様に最終の確認をして頂き、希望の申請日に申請いたします。

ページトップへ

9 申請書類の提出

申請書が完成し、お客様に確認いただきましたら、行政機関に申請いたします。
申請前までに万全を期しておりますが、お客様にご連絡することがございます。
予めご了承ください。

許認可の場合、許可が出るまで1か月~3か月かかります。
ご依頼をされる場合は、事業を始める時期から逆算してお問い合わせください。

ページトップへ

10 許可証の受領・お客様への引渡し

行政庁より許可の通知を受けた場合、お客様に許可取得のご連絡をいたします。
許可証や認証書はお支払が確認された後にお客様のお渡しいたします。

ページトップへ

11 ご請求・お振込み

申請手続が完了いたしましたら、御請求書をお渡しいたします。
許可証受領後、7営業日以内に指定の銀行口座にお振込み下さい。
お振込みを確認いたしましたら、許可証をお渡しいたします。

 

ページトップへ

関連リンク